特定分野別弁護士紹介制度について

特定分野別弁護士紹介制度について

札幌の弁護士さんが、様々なトラブルの解決のために、札幌で「法律相談センター」を開いておられます。

その中には、問題の内容別に受け付けていただけるところがあります。

中でも、これはややこしいと思われる特定の分野については、「特定分野弁護士紹介制度」があります。

では、特定分野とは、どのような場合でしょうか。

まずは、会社の雇用者側でのお悩みについてですが、従業員が、無断で休んでいる。

すなわち無断欠勤を繰り返していて、解雇したいがすぐにできるのかどうか。

などです。

また、会ってはならないことですが、病院での治療における手違いにより、死亡してしまった。

とか、その治療の後の後遺症で大変困っている。

などの医療関係の事故についてです。

また、株式投資を行っていてのトラブルもあります。

さらには、訪問販売員により高額な商品を購入させられたり、教材を購入したところが、大変な高額であったりした場合があります。

高額な買い物である家やマンションを購入した後で不具合が見つかって、売り主に交渉したが、らちがあかない。

といったこともあります。

このようなこと以外にも、困っている方が、たくさんおられると思います。

そんな時は、思い切って札幌の「法律相談センター」に相談してみましょう。

女性のための法律相談をうけてみませんか

私たちの周りでは,様々な出来事が起こっています。

新聞やテレビで報道されているようなことが、いつ自分の事になるかわかりません。

その一つに、ストーカー被害があります。

一体どれくらいの方が困っておられるのかを見てみましょう。

2009年の警察庁によりますと、つきまといや待ち伏せで通報された方は、7600人もおられます。

面会や交際を要求された方は、7700人にもなります。

無言もしくは連続しての電話は、4400人にもなっています。

性的に辱めを受けた方は約1000人もおられます。

警察に通報した数ですので、実際にはもっと多いのかもしれません。

被害にあわれた方は、20歳代の方が全体の35%、30歳代で29%、49歳代で、16%と20歳代から40歳代までで8割を越えています。

とても深刻な状況ですね。

こうしたことの相談は、なかなかしにくいものですが、北海道にお住まいの方を対象として、札幌の弁護士さんが、それも女性の弁護士さんが電話相談を行っておられます。

札幌の弁護士に相談したい

その名も「ほっとらいんぶーけ」といいます。

電話番号は、すぐに調べられますので、お困りの方は、札幌へ是非電話してみてください。